【プレイ感想】HOTELブルーローズの99の部屋【ネタバレなし】

コラム

こんにちは、謎解きブロガーのハルです

今回は2月17日に発売された、SCRAP制作の新作オンラインリアル脱出ゲーム『HOTELブルーローズの99の部屋』の紹介です!

1.『HOTELブルーローズの99の部屋』とは

1893 年。
アメリカではシカゴ万国博覧会が開催され、たくさんの⼈が街を訪れました。
そんなシカゴの⼀⾓には「願いを叶えることができる」と噂のホテルがありました。

そのホテルの名は『ブルーローズ』。
美しい⻘⾊で彩られた、99 の部屋を有するホテル。

ある者は「遺産が隠された部屋を⾒つけて⼤⾦持ちになった」と⾔いました。
またある者は「聖なる部屋で祈りを捧げたところ、神と交信できた」と⾔いました。
更には「悪魔と取引し、魔術を⼿に⼊れた」という者まで。

しかし、その後このホテルを調べた探偵は告げました。
「『このホテルのおかげで願いが叶った』と⾔った⼈物は皆いなくなっている」と…。

ぜひ、この『ブルーローズ』の噂を紐解き、ホテルに隠された真実へとたどり着いてください。

▼基本情報はこちら

値段一般チケット(オンライン):2,800円
特典付きチケット(店頭、ECサイト):3,000円
プレイ可能期間2022年2月17日(木)15時〜
所要時間4〜5時間(時間制限なし)
プレイ人数人数制限なし、推奨1〜3人
推奨年齢中学生以上
必要なもの・ネット環境
・スマホ/タブレット/PC端末のいずれか
・筆記用具(あれば便利)

2.プレイ感想

ここからは本作を実際に遊んでみた「感想」や「気づき」をお伝えします!

①専用キットも特典謎もないけど、特典付きにはメリットあり

まず最初に、このゲームに専用キットは存在しません

ゲームを遊ぶために必要なチケットは「一般チケット」「特典付きチケット」の2種類あり、「一般チケット」は公式サイト(スクチケ)で、「特典付きチケット」はSCRAP常設店またはSCRAP GOODS SHOPで購入することができます

今回、私は「特典付きチケット」を購入しました(▼写真)

特典付きキットを購入

特典付きキットには、次の3点が入っています

・ある宿泊客のメンバーズカード(※特典)
・ホテルの地図(※特典)
・アクセス用コードの書かれた紙チケット

これらの特典には追加の謎解きはありません。「メンバーズカード」はちょっとしたサイドストーリーが読め、「ホテルの地図」はゲーム中にメモがとれる程度のおまけ要素なので、遊ぶだけなら「一般チケット」と「特典付きチケット」のどちらでも大丈夫です!

どちらでも大丈夫ではありますが、先日SCRAPよりキャンペーンの発表がありました。それが「SCRAP GOODS SHOPで3000円キャッシュバックキャンペーン」です(▼公式サイト)

2月25日(金)〜3月18日(金)の間にSCRAP GOODS SHOPで対象商品を2点以上購入すると、リアル公演に参加したとき、3,000円キャッシュバックされるというもので、ほぼ1公演分お得になります!

今回紹介している「HOTELブルーローズ〜」も「特典付きチケット」のみ対象となっているので、リアル公演によく参加している人はぜひ「特典付きチケット」を購入することをオススメします(※一般チケットは対象外なので注意!)※キャンペーン終了

②1人プレイがオススメ

今回のゲームの推奨プレイ人数は「1〜3人」となっていますが、特に「協力プレイ」は必要なく、もし、複数人でリモートでプレイする場合は、進捗を合わせながら解いていく形になります。通信機能はないので、LINEやZoomなど、それぞれが使いやすいもので情報共有できれば大丈夫です(顔出しは必要ありません)

ただ、本作は「1人」でプレイすることをオススメします!

理由は次の3点です

(1)ゲーム時間が長いこと
(2)自由行動ができること
(3)結末が人によって変わること

(1)ゲーム時間が長いこと…このゲームは所要時間が「4〜5時間」と明記されているとおり、クリアするまでとても時間がかかります。それだけの時間を複数人で合わせて取るのは少し大変かもしれません

(2)自由行動ができること…ホテル内を比較的自由に移動することができるため、行動を合わせようとすると自由行動の幅が減ってしまうかもしれません。せっかく修学旅行で自由行動ができるのに、集団に合わせないといけないような感じになってしまいます

(3)結末が人によって変わること…Twitterのハッシュタグ検索をすると、人によって異なる結末が待っていることが分かります。ゲーム内にもいくつかの選択肢があり、それによって「一人一人の物語がある」と考えると、協力プレイよりは一人プレイのほうが遊びやすい印象です

たとえば、これがリモートではなく、家族や友人と「同じ部屋で同じ画面でプレイする」だったらよいと思います。もし謎解きに不安のある人は、そういう遊び方もアリです。ただ「ヒント」が十分に用意されているので、一人プレイでもそんなに詰まることはないでしょう

③とにかく長いけど、できれば一気に遊びたい

前節でも書いてますが、今回のゲームは公式の目安時間が「4〜5時間」となっており、過去のオンライン型のリアル脱出ゲームの中でも、おそらく「最長」レベルの設定となっています

本当に「4〜5時間」って書いてある!

今まで私が遊んだオンライン型で一番長かったのが「四重捜査網からの脱出(名探偵コナン)」3.5時間でした。それも十分長かったですが、さらに上回る「4〜5時間」!!

今回、私は19時頃にスタートしましたが、すべてが終わったのは23時頃でした。途中ヒントを利用したとはいえ、それでもやはり4時間くらいはかかってしまいました!

制限時間はなく、途中で一旦中断をすることもできますが、実際に遊んで感じたことは「できるだけ一気に進めたほうがよい」ということです。このゲームは複数のエピソードが互いに干渉し合いながら進むので、中断して時間が経ってしまうと、思い出したり、物語に再び没入するのに時間がかかってしまう可能性があります

もちろん時間がなければ、少しずつ進めることもできますが、それでもあまり間を開けずにプレイすることをオススメします!

④端末選びは注意!一度選んだ端末は変えられません

前節で中断もできるとお伝えしましたが、プレイ端末選びは要注意です!遊ぶ前の案内にも出てきますが「一度中断したあとに再開する場合は、同じ端末・ブラウザでアクセスする」必要があります!

つまり、PCなら同じPC、スマホなら同じスマホで最後まで遊ぶ必要があります。初日にPCで遊んで、別の日にスマホで同じURLにアクセスしても遊べないので、最初に「どの端末で遊ぶか」はしっかり選んでおきましょう

⑤進捗100%は狙ってみよう

今回のゲーム、なんと進捗100%でなくとも終わらせることができます!

多くは語れませんが、すべてを見ずにエンディングに進むのは少しもったいないです。最後にあるところまで進むと「これ以上先に進むとゲームには戻れません」というポイントがあります。そこを進んでしまうと、二度とゲーム内には戻れません

もし、その時点で「100%」になってなければ、ぜひ立ち戻って「100%」を狙ってみましょう(具体的な「ヒント」はありませんが「手がかり」は示されているハズです)

3.まとめ

今回はオンラインリアル脱出ゲーム『HOTELブルーローズの99の部屋』についての紹介でした!

本作を一言でまとめると「一人で黙々と小説を読むように解く作品」といった印象でした!複数のエピソードの絡み具合、徐々にアンロックされていく物語、最後に待ち受ける思いがけない事実・・・オンライン型の中ではかなり濃厚な体験ができるものと言えるでしょう

ミステリー好き謎解き好きな人はもちろん、2〜4人プレイのゲームにいつも「ぼっちには辛い」と嘆いているソロ勢の人にもオススメできます!かなり気合の入った作品となっていますので、ぜひ遊ぶ時間をしっかり用意して挑戦してみてください!


なお、本作品は3月1日以降にネタバレ投稿が解禁となっており、詳しいガイドラインが公式から発表されています(▼こちら)

さまざまな媒体で、動画やテキストでのネタバレができるようになっていますが、注意したいのはTwitter等のSNS系で、ガイドラインにもこんな記載があります

■Twitter等、投稿を不意に目にするおそれがある媒体で、謎の答えや物語の結末を投稿する行為は、これから本ゲームをプレイするお客様の楽しみを奪うおそれがあるため禁止します。

いくら「ネタバレ解禁!」といっても、ネタバレされたくない人の楽しみを奪う行為はしないように、ということです

公式がこんなに早々にネタバレを解禁するのは珍しいですが、自分がプレイしたあとに、他の人がどんなプレイをしているのか、自分とは違う選択をするのかを見るのも面白いかもしれませんね!

◎公式サイトはこちら

以下のリンクの公式サイトからは「一般チケット」を購入できます。

[外部リンク] HOTELブルーローズの99の部屋(公式サイト)

また、SCRAP常設店およびSCRAP GOODS SHOP(ECサイト)では「特典付きチケット」を購入できます。

[外部リンク] SCRAP常設店

[外部リンク] SCRAP GOODS SHOP(ECサイト)


今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!