【プレイ感想】変幻自在の迷宮からの脱出【ネタバレなし】

コラム

今回はSCRAPのオンラインリアル脱出ゲーム×HUNTER×HUNTER『変幻自在の迷宮(トリックダンジョン)からの脱出』の紹介です。

■『変幻自在の迷宮からの脱出』とは


※0:30くらいに急に大きい音が鳴るので、イヤホンの人は要注意です!

「変幻自在の迷宮からの脱出」とは?

「変幻自在の迷宮からの脱出」は、自宅で遊べる体験型ゲーム・イベントです。
専用サイトの情報と映像を見ながら物語を進め、ゴンたちがいる試験会場【トリックダンジョン】に見立てられたキットを折ったり、変形させたりしながら様々な謎を解き明かします。

公式サイトより引用

①基本情報

タイプオンライン型(専用キットあり)
値段通常:3,000円
特典付き:5,000円
プレイ可能期間2021年7月27日まで
再販:2022年3月27日〜8月28日
キット販売期間2021年6月27日まで
再販:2022年3月27日〜5月29日
所要時間2〜3時間(時間制限なし)
プレイ人数1人〜
推奨年齢中学生以上
必要なもの・ネット環境(PC or スマホ)
・LINEアプリ
・筆記用具
・セロハンテープ

『HUNTER×HUNTER』とコラボしたリアル脱出ゲームは、過去に『ハンター試験からの脱出』『グリードアイランド遊園地からの脱出』がありましたが、本作は初めてのオンライン型です。

このゲームには専用キットがあり、ネット通販(SCRAP GOODS SHOP)またはSCRAP常設店で購入できます。

(追記)再販分の特典付きキットは「ネット通販のみ」です(2022年3月現在)

通販だと送料が700円以上かかるので、近くに常設店がある人は直接買ったほうがお得です。

切手風デザインがおしゃれ

今回は自宅で1人でプレイ。

もちろん複数人で集まって遊ぶことも、あるいはリモートで遊ぶこともできます。ただし、"協力型ではない"ので、リモートの場合は「同じキットを別々に購入し」「同じゲームを」「同時に遊ぶ」という形になります。

プレイ目安時間は2〜3時間ですが、私は大体2時間半でクリアしたので、ほぼ相違ありません。制限時間はないので、自分の好きな時間に遊んだり、途中中断したりもOKです。

なお、原作に詳しくなくても、基本的な用語集があるので大丈夫です。今回の舞台は、原作初期(1〜5巻)に登場した「ハンター試験」で、『HUNTER×HUNTER』の特徴の一つである「念能力」はまだ出てきませんでした。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
...

あえてこの謎解きのために原作を読むほどではありません。ただ「あ〜、なるほどね!」と思う場面が出てくるので、原作を知っていれば少しだけ多く楽しむことができます。

■プレイ感想

ここからは実際にプレイした感想を「⭕️特に印象に残った部分」「🌀注意点」に分けてお伝えしていきます。

⭕️迷宮のサイズがすごい!

本作は「ゴン達とLINEでやりとり」→「迷宮を組み立てる」を繰り返しながら物語を進めていきます。

タイトルにも含まれていますが、今回はこの「迷宮」が目玉です。数枚のパーツを組み合わせると、目の前にかなり大きめの「迷宮」が出来上がります。

一部写真のアップロードがOKなので、実際に見るとこんな感じです。

これがトリックダンジョン!

大体50cm四方の大きさになりました。あまりに大きすぎて途中で床に移動したくらいです。

しかし、これはまだ初期段階です。ドラゴンボールのフリーザ様で言えば、まだ1回も変身してない状態です。

『変幻自在の迷宮(トリックダンジョン)』の名が表すとおり、ここからフリーザ様並みに数回変身をするので、その変わり様は実際にみなさんの目で確かめてほしいです。

組み立て方については、きちんと図解もありましたし、目印も付いていて分かりやすかったので「手先が不器用だからな〜」という人も安心してもらって大丈夫です。

⭕️謎解きよりパズルが多い印象

謎解きについては「試行錯誤しながら解くパズル系の問題」が多い印象でした。もしかしたら「よくある謎解き」が好きな人は物足りなさを感じるかもしれません。

逆に言えば、謎解きの経験が物を言う場面が少ないので「謎解きに自信がない人」や「お子さんを含めた家族」でも十分楽しめる内容になっています。

また、すべての問題に「ヒント」がしっかり用意されているので、もしパズルが解けずに詰まってしまっても、最後までクリアできない!なんてことは「ほぼ無い」と言ってよいでしょう。

実際に、最後の謎のヒントも確認しましたが、ほぼ正解に近いところまで書かれていたので、クリアできなかった・・・なんてことはなさそうです。

⭕️ハンターライセンスが手に入る

本作は「ハンター試験」が舞台なので、クリアするとハンターの証である「ライセンスカード」を手に入れることができます。

ハンターライセンス、ゲット!

画面上ではなく、実際に手にすることができるので、原作ファンであれば、これはテンションがあがりますね。

ただ、原作の言葉を借りれば「大事なのはハンターになってから何を成したのか」なので、このカードはそっとしまって、これからもハンターとして精進していくのが大事ってことです(ちょっと何言ってるか分からないです)

🌀キット購入とプレイには期限がある

ここからは「これから遊ぶ人への注意点」をお伝えします。

一番大事なことですが、本作には「キットの購入期限およびプレイ期限」があります。

専用キットの販売期間は「2021年6月27日まで」です。気になる方は早めに手に入れましょう。(追記:再販分は「2022年3月27日〜5月29日まで」です。こちらも短めなのでお早めに!)

キットはSCRAP GOODS SHOP(通販)またはSCRAP常設店で購入できます。

また、本ゲームのプレイ期間は「2021年7月27日まで」です。(追記:再販分は「2022年8月28日まで」です)

プレイ期限を過ぎてしまうと、せっかく買ったものが遊べなくなってしまうのでご注意ください。

🌀迷宮の組み立てに時間がかかる

「迷宮」が目玉の本作ですが、この「迷宮」の組み立てには結構な時間を取られます。

組み立ては楽しく、手順も分かりやすいのですが、そもそもパーツが多いので、最初の組み立てだけで30分くらいかかります。

時間に余裕があったり、一人で遊ぶ分には問題ありませんが、もし複数人で遊ぶ場合は、この時間も加味して遊んだほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

■まとめ

今回はオンラインリアル脱出ゲーム×HUNTER×HUNTER『変幻自在の迷宮からの脱出』を紹介しました。

本作はこれまでのオンラインとは異なり、実際に目の前に巨大な迷宮を作って遊べるので、さながらリアル公演をしているかのような体験が味わえました。

「謎解き」というより「パズル」が多い印象ですが、実際のキットを使って試行錯誤できるのが本当に楽しくて、「謎解き好き」も「パズル好き」もどんな人でも楽しめる内容になっています。

なお、原作を知っている人であれば、このゲームの設定に違和感をおぼえる人もいるかもしれませんが、それらもゲームをクリアすることですべて明らかになります。

原作の『HUNTER×HUNTER』は超長期休載中ですが(2021年6月現在)、このゲームでは久しぶりにゴン・キルア・クラピカ・レオリオに会うことができます。

彼らの「成長」も垣間見えるので、謎解き好きの人はもちろん、謎解きをしたことがない原作ファンの人にもぜひ楽しんでいただきたいオススメのゲームでした。

(個人的には「グリードアイランド編」がオンラインで実現したら大歓喜なので、ぜひ次回作に期待です)

■公式サイトはこちら

公式サイトには「模擬ハンター試験」や「お試し謎解き」もあるので、試験前の腕試しにぜひ。

[外部リンク] 『変幻自在の迷宮からの脱出』公式サイト

専用キットはSCRAP常設店およびSCRAP GOODS SHOP(ECサイト)で購入できます。

[外部リンク] SCRAP常設店

[外部リンク] SCRAP GOODS SHOP(ECサイト)

常設店には本作以外の謎解きもたくさんありますので、お近くの方はぜひ立ち寄ってみてください。


今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!