【謎解きの作り方】五十音編

謎解きの作り方

こんにちは。謎解きブロガーのハルです。

【謎解きの作り方】シリーズでは、「謎解きは誰でも作れる!」をコンセプトに「謎解きの作り方」を紹介しています。

今回取り上げるテーマは、日本語の基本構成である「五十音」を使った謎解きです。

こんな人にオススメ!
  • 自分で謎解きを作ってみたい人
  • 謎解きの作り方で悩んでいる人
  • 謎解きのネタを探している人

後半には謎解き作りの練習パートもあるので、一緒に謎解きを作っていきましょう。

また、謎解きは「作る派」より「解く派」という人も、「謎解きの作り方を知ること」=「謎解きのパターンを知ること」=「謎解きが解きやすくなること」につながります。

より「謎解き力を高めたい人」という人にも、参考になる内容ですので、是非ご一読ください。

スポンサーリンク

1.五十音の謎解きは"2種類"ある

謎解きの作り方を紹介する前に、まずはお試しで謎解きを1問出題します。いったん手を止めて考えてみてください。

五十音の文字を当てはめて、①②③④の順に読むと、答えは「もちつき」。

前回紹介した「曜日」を使った謎解きと同様、「五十音」「誰でも知っているもの」として、謎解きに使われることが多い題材の一つです。

そして「五十音」を使った謎解きには、"2種類"のパターンがあります。

①五十音"表"を使った謎解き
②五十音"順"を使った謎解き

それぞれについて見ていきましょう。

①五十音"表"を使った謎解き

はじめに、五十音には「五十音表」という表があります。

五十音表

とてもシンプルな表ですが、冒頭の謎解きのように使われるパターンが多いです。

しかし、この五十音表を使った謎解きを作るときには、守っておきたい2つのことがあります。

  • 「や行」「わ行」「ん」の黒マスの表示
  • 「濁音」と「半濁音」の表は載せない

一つ目の「や行」「わ行」「ん」の黒マス表示については、や行を「やいゆえよ」、わ行を「わゐうゑを」「わ■を■ん」とする表もありますが、基本的に、謎解きで使う五十音表は以下のとおりに表記します。

五十音表(2回目)

表の一部だけ出して「五十音表であることを推測させながら解かせる問題」もありますが、そのような問題もこの表記を前提としています。これ以外の配置で謎解きを作った場合、不要な誤解を受けてしまう可能性があります。

そして、二つ目の「『濁音』と『半濁音』の行は載せない」については、一般的な五十音表と同様、謎解きでも五十音表は清音(濁らない音)の部分しか使いません。

もしも答えに濁音を含む場合は、答えのほうに「゛」「゜」を付けることをオススメします。

たとえば「ざぶとん」を答えにするのであれば「答えは①゛②゛③④」とします。

②五十音"順"を使った謎解き

次は「五十音順」を使った謎解きです。

たとえば次のような問題です。

答えは「いか」

この問題では、五十音の「順番」を利用した謎解きになっています。

【謎解きの作り方】暗号編でも紹介している「シーザー暗号」と同じ仕組みですが、これは五十音順を「1つ後にずらす」ことで解けます。

この五十音順を使った謎解きにも、守っておきたいことが一つあります。

  • 2個以上の例を挙げて、ルールを示す必要がある

もしも例が一つしかない場合、別の解釈によって、別のルールが生まれてしまう可能性があります。そういった別の解釈を生まれないように、2個以上の例を挙げてルールを固定することが大事です。

た問題では2個以上の例を挙げて「どれだけずれているか?」のルールを示す必要があります。

2.謎解きを作ってみよう

それではここでいくつか「五十音」を使った謎解きを作る練習をしてみましょう。

[練習問題①]
五十音表テンプレートのマスに丸数字(①〜)を入れて、

3〜5文字の答えができる問題を作ってください。
※五十音表テンプレート(Googleスプレッドシートが開きます)

テンプレートは下記リンクを参照しながらコピーしてください。
https://blog-and-destroy.com/4259

【解答①】
実際に作れたら何でもOKです!

これで「五十音"表"」の謎解きを作ることができました。

つづいてはこちら。

[練習問題②]
五十音順で5つ後にずらしても言葉になる「2文字の言葉」を2組以上見つけてください。
例:足(あし)→価値(かち)など

[解答②]
・青(あお)→過去(かこ)
・牛(うし)→口(くち)
・猫(ねこ)→臍(へそ)など

これを考えることで「五十音"順"」の謎解きも作ることができます。

もし、これをそのまま謎解きにするなら、解答例の中から二つを例にして、もう一つの右側を「??」にする、という問題がすぐ作れます。

「五十音」を使った謎解きはシンプルながら、工夫次第でさまざまなパターンの謎解きが作られるのが一つの特徴です。

たとえば、SCRAP主催の「謎解き能力検定(謎検)」でも、ほぼ毎回形を変えながら出題されています。

この辺のお話はこちらの謎検攻略記事でも「頻出問題」として取り扱っていますが、一度の試験で数問出てくるほど、よく使われる題材となっています。

スポンサーリンク

3.まとめ

ここまで「五十音」を使った謎解きの作り方をお伝えしてきました。

以下、まとめです。

POINT
  • 五十音には"表"と"順"を使った謎解きがある
  • 五十音表には決まった表記がある
  • 五十音順で文字ずらしを使う場合は、例を2つ以上示すこと
  • 謎検では最頻出ジャンルの一つ

「五十音」を使った謎解きは、何年経ってもバリエーションが尽きないくらい、可能性のあるジャンルです。

工夫次第でさまざまな謎解きが作れるので、是非皆さんも「五十音」を使った謎解きにチャレンジしてみましょう。

最後に、これまで当サイトに掲載した「五十音」がベースの問題をまとめましたので、ぜひ解いてみてください。

▼動画の謎解きもあります!(※動画は音が出ます)


今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!